新築&リフォーム&増改築の(株)ハンディマン建築設計事務所
不動産の事なら「だぃち不動産」へ

住まいの新築&リフォーム&増改築専門店
(株)ハンディマン建築設計事務所
建設業許可(般-5) 第26747号
 086-230-7188
お問い合わせ

ブログ

2024-02-03 07:21:00

住宅を耐震補強でガチガチに強い建物にしても意味がない?

実は家の耐震性能は配置する壁のバランス(偏心率)がとても重要なんです。

 

- 建築物の地上部分の偏心率に関しては、建築基準法や建築基準法施行令に規定があります。

 

偏心率とは、建物の耐力要素がバランス良く配備されているかを判定するための数値です。

 

- 平成12年の建築基準法改正により、木造住宅の偏心率は0.30以下であることが規定されました。

 

これは、建築物の偏心の度合いが大きくなり、バランスが悪くなることを防ぐための基準です。

 

建築基準法や地域の建築規制によって偏心率の規定が異なる場合もありますので、具体的な地域や法令に基づいた情報を確認することが重要です。

 

建築設計や構造計算を行う際には、専門家に相談することをおすすめします。

 

弊社ではこの偏心率の計算を行い、現在のお家がどのくらいの数値なのか無料にてご説明させていただいております。

 

現在のお家の数値が気になる方はお気軽にご連絡下さい。

2024.06.22 Saturday